Air Conditioning Master

エアコンを取り外しするには骨が折れる|プロに依頼

業者を選ぶポイント

値段の安さだけで選ばない

エアコン

エアコンは、冷房や暖房など部屋の空気の温度や湿度を調整してくれるものです。一般家庭に取り付けるのに適した家庭用の他、サイズもスペックも大きな業務用などの種類があります。個人で経営しているような小さな店舗なら家庭用エアコンで事足りてしまう場合もあるかもしれまんが、小型の店舗でもドアの開閉が多い場合やパソコンなどの熱源が多い場合などは、馬力の大きな業務用エアコンを設置したほうが安心です。また、業務用エアコンは長時間の連続運転にも強い設計なのも魅力。そんな業務用エアコンを設置する場合、ほとんどが業者に依頼することになりますが、業者選びの際には値段の安さ以外にいくつかのポイントがあります。そもそも業務用エアコンの設置は、専門職の空調設備業が主に請け負っているもので、家庭用エアコンを主に取り付けているような業者とは専門分野が少し異なるものです。そのため、業務用エアコンの業者を選ぶ際は、まずは空調設備業を専門としている業者を選ぶことが大事。また、取り付けを行う業者の技術がエアコン自体の性能や寿命にも影響してくるので、技術の高い業者を選ぶ必要もあります。なので、工事実績が豊富な顧客から信頼されている業者なら安心。そしてさらに大事になってくるのは、業務用エアコンが壊れてしまった場合を想定して、自社修理できる業者を選ぶことです。設置を依頼した業者が修理も行える業者であれば、設置状況を把握しているため迅速に対応してもらえるといったメリットがあります。

手入れが楽で壊れにくい

男女

業務用エアコンというと、オフィスや店舗などで使用する大型エアコンを指すことが多いでしょう。しかし、最近の一般住宅はリビングルームを広く取る間取りも多く、リビングが20畳という家も少なくありません。そのような場合、家庭用エアコンを設置するのではなく、業務用エアコンを選ぶ家庭が増えているのです。実は、業務用エアコンは大型であるため、大きなスペースで空調が効くよう工夫されているだけではありません。オフィスや店舗では、頻繁に空調設備を交換することを考えておらず、手入れが簡単で故障がしにくいということを念頭に置いています。一般的な家庭用エアコンは、ただの空調設備だけでなく、除湿や空気清浄などさまざまな使いやすい機能が付けられています。付加価値を付けたエアコンは、故障の原因ともなりやすく、実はシンプル構造の業務用エアコンの方が長持ちする場合も多いのです。内装やインテリアにこだわりのある人からも、人気が高い業務用エアコンですが、配線がスッキリしていることも理由の一つです。通常の家庭用エアコンは100Vコンセントを使用していますが、業務用エアコンは室外機に直結して電源を取るため、通常のコンセントは使用できず、配線は天井埋め込みとなり、見た目にもスッキリとなります。また、家庭で動力を引いている場合は、月々の空調にかかる電気代もかなりお得になります。最近では、一般住宅でも業務用エアコンを取り入れる人が増えており、建築段階から設計することでよりスマートな設置をすることができます。ワイドリビングの間取りを考えているのであれば、一度検討してみることがおすすめです。

業務用についてです。

空調

業務用エアコンは家庭用エアコンとは異なり、長時間使い続けてもめったに故障することはありません。また業務用エアコンは種類が多いため、設置場所や使用頻度、常駐する人などによって決める必要があります。エアコンの能力は馬力で表し、計算を間違えると電気料金が余分にかかってしまう可能性があります。さらに設置場所によって風の当たり方が変わってきます。つまりプロの業者の方に事前に相談し、現地で実際に見てもらうことが大切です。そして導入形態は大きく分けて3つあるため、それぞれの導入形態の特徴を把握したうえで選択することが大切です。1つ目は、業者とリース契約を結ぶ方法です。これは月々のリース料を業者に支払います。修理費は無料で取付工事もリースができるため、購入するよりも安く業務用エアコンを設置することができます。2つ目は、月々のレンタル料を業者に支払う方法です。これは短期間、業務用エアコンを導入する必要がある場合におすすめの方法です。3つ目は、エアコンを購入する方法です。初期費用は高いですが、長期的に使用する場合はおすすめです。また業務用エアコンの中には、除湿機能・花粉除去機能・脱臭機能などの機能が備わっているものがあります。特に除湿機能があることで、カビ・ダニの繁殖を抑えることができます。さらに業務用エアコンは大きいため掃除が大変です。そのため自動清掃してくれるエアコンを選択することで、掃除の負担を減らすことが可能です。