Air Conditioning Master

エアコンを取り外しするには骨が折れる|プロに依頼

業務用のメリット

家庭用との違いは

空調

エアコンには家庭用と業務用の2種類があります。文字通り家庭用は一般家庭などで使われる住宅向けエアコンのことでルームエアコンとも呼ばれ特定の部屋の温度調整を行うためのエアコンになります。一方で業務用エアコンはパッケージエアコンとも呼ばれるもので、文字通り業務用としてオフィスや店舗、ビルなどに使われています。業務用といっても小規模向けと中大規模向けの2種類があります。このうち一般家庭でも導入が可能なのがオフィス・店舗用に使われる小規模向けの業務用エアコンです。家庭用エアコンは電源が単相100Vが使われていますが、近年は単相200Vも使われるようになっています。電圧が上がっている理由は電気を多く消費するエアコンなどの家電においては電圧が高いほど効率が良いためです。また電気料金に関しても単相の場合には大きな工事も必要がありません。一方で業務用エアコンでは三相200Vが使われています。動力とも呼ばれる電源で工場などの大型機械を使用するさいに広く使われています。特に単相と比べて送電効率が良いもので継続的に使用する業務用エアコンに向いています。ただ三相電源を入れるには専用に引き込みを行わなければならず基本料金も単相と比べて高額になります。ただ業務用エアコンは家庭用エアコンと異なり継続的に運転することに長けており、長時間の運転に耐え、また熱交換能力に優れているのが大きな特徴といえます。このため長時間その場所でいる場合や、大人数が集まるような場所の空調に向いています。

いろいろな設置タイプ

男の人

家庭用エアコンと業務用エアコンは、ただ単に空調能力の違いというわけではありません。実はいろいろな面で異なる部分があるのです。業務用エアコンの主な設置場所は、オフィスや店舗など長時間空調をつけっぱなしにする場所です。家庭でエアコンを使用する時間とは、比べ物にならないほど稼働時間が長いため、もともとの設計が長時間の稼働に耐えうる構造となっているが特徴です。また天井埋め込み式の業務用エアコンは、一度設置するとそう簡単には取り換えません。そのために耐久性が求められているのです。耐久性が長く、故障もしづらいという事を考えると、構造はシンプルな方が向いていると言えます。そのため、業務用エアコンには家庭用エアコンのような機能性は付いておらず、空調に特化した造りになっているのです。そして広いオフィスや店舗を効率よく冷暖房するためには、能力の大きさも求められます。大きなオフィスや店舗では、動力と呼ばれる三相3線式が用いられています。動力は工場や業務用冷蔵庫などの電力を多く使う機械で使用されおり、これらを導入している場所で契約されています。電気基本料金は家庭用と比べて高くなりますが、電気使用量の単価はかなり低く設定されており、電力を多く使用するところではメリットの大きなものです。ひとくちに業務用エアコンといっても、形やタイプにはいろいろあります。最も人気なのは、天井埋め込み式の4方向タイプです。見た目もすっきりし、4方向から風が出るので、広い部屋をまんべんなく冷暖房することが可能です。ただし天井に穴を開けなければならず、後付けは難しいこともあります。後からつけたいのであれば床置き式や壁掛け式、天井吊り式が便利です。ただ風が行き届きにくい場所も出る可能性があります。設置費用などもそれぞれ異なるので、業者をよく相談して決めることがおすすめです。

専門家の意見に従う

エアコン

家庭用のエアコンは住宅の構造が鉄筋か木造かによって異なりますが、基本的に部屋の広さによって設置するエアコンの大きさが決まります。一方、業務用エアコンは単純に床面積からだけでは大きさを決めることはできません。床面積もエアコンの大きさを決めるポイントになりますが、業態も大きさを決める主要なポイントになります。一般事務所は人口密度も少なく、天井高も低いことが多いので、それほどのパワーの業務用エアコンは必要ありません。一方、ショッピングセンターでは人が多かったり、天井の高さがあるので、同じ床面積でも事務所と比べるとパワーが必要です。また、ラーメン店などの飲食店では厨房で大きな熱を発生するため、更にパワーのある業務用エアコンが必要になります。その他にも日射や証明などの室内外からの発熱も考慮しなければいけないため、専門の技術者のアドバイスに従うのが最も間違いありません。業務用エアコンはパワーだけでなく、形状も大きく3種類あります。天井カセット形や天井つり形、それに床置き形があります。天井カセット形は、天井に埋め込むためすっきりとした見た目でデザイン性に優れていますが、天井裏に設置のためのスペースが必要です。天井つり形は埋め込みが必要ないので短い時間で施工ができます。天井設置が困難な場合は床置き形を利用します。床にあるため、手入れが簡単な特徴があります。スペースの有効利用を考えると業務用エアコンは天井に設置するのが一般的ですが、形状に関しても専門家のアドバイスを活用するようにしてください。