Air Conditioning Master

エアコンを取り外しするには骨が折れる|プロに依頼

費用をおさえる方法

工事業者を活用する

メンズ

引越しの際はエアコンを取り外さなければいけませんが、みなさんはどのようにしているでしょうか。引越し業者に委託されている工事業者に、そのまま任せている方が大半でしょう。引越し業者にクーラーの取り外し工事をそのまま任せると、手間がかからず楽なのですが2万円前後の費用はかかります。しかし、上手く立ち回れば取り外しの費用をおさえることが可能です。エアコンの取り外し工事は安いエアコン工事業者では2000円ほど、高いところでは8000円ほどです。ですので、引越しでエアコンを取り外して新居へと持っていくのなら、事前に工事業者に依頼してエアコンを取り外しておきます。そして、引越し業者に荷物を運んでもらって、再び転居先でエアコンの設置工事をしてもらえば費用をおさえてエアコンの取り外しと設置ができます。ちなみに、業者では取り外しと取り付けはセットで引き受けているので、一社にすべてを任せられ当日中の移設もできます。エアコンの脱着を依頼できる工事業者の料金な安いところは8千円ほどで済むため、工事を安いところに頼めれば移設の費用をおさえることが可能になります。なお、転居先が遠方の場合は業者の出張費がかかる場合もありますので、この点は注意が必要です。費用がさらにかかる場合は、転居先の住所地の近くの業者に取付工事を頼むといいでしょう。また、エアコンは取り外すだけではなく、その後再び取り付けることになるので、転居先で追加工事が必要になるか業者に確認しておくことも忘れないようにしておきましょう。

内容を知っておく

エアコン

家の引越しを行う際、エアコンの取り外しを専門業者にお願いする事が多いでしょう。取り外し内容を勉強して、一人で行う人も稀にいらっしゃいますが、専門知識や技術が必要なので専門業者が対応する方が安全です。エアコンの取り外しを依頼する際、引越し業者にお願いする場合と、別途専門業者にお願いする場合があります。どちらも実施内容は変わりませんが、エアコンの設置状況によって多少費用は異なります。具体的にどのような作業があるのか、事前に知っておくと安心です。まずエアコンが何畳程度のパワーであるのか、部屋のどの位置に設置されているのかによって、取り外し費用が変わります。そして、室外機の置き方も重要です。ベランダに置かれているだけなのか、専用の金具で固定されているのか、設置場所と室外機の仕様を理解しておきましょう。そして、取り外し費用に影響しやすいのが配管の長さです。エアコンから外部へつながる配管の長さは、エアコンの位置と配管を通す穴の位置によって決まります。長ければ長いほど費用はかかります。また、配管が密着している壁の劣化を防ぐために化粧カバーを行う場合が多いですが、この化粧カバーの取り外し費用も配管の長さに比例していきます。最後に、穴の復旧です。これはエアコンを設置する際に穴カバーがついている場合が多いので、大事に保管しておけばそれを使用して頂けます。もし穴カバーが無い場合は、専門業者がカバー部品を用意して頂けます。以上のような取り外し作業内容を、しっかり理解しておきましょう。

安全な処理方法とは

作業員

四季がある日本においてはエアコンを設置する家庭が多いため、取り付けと取り外しの両作業が発生します。費用を抑えるためにセルフで作業を計画する家庭も少なくはありませんが、見た目よりも簡単ではないと気がつくことでしょう。まず、エアコンは室内機と室外機のセットで構成され、窓や壁を貫通するパイプ、それぞれの電源確保も必要です。このほか、ガスの補充と回収や専用の工具が必要となりますので、十分な知識と経験が必須といえるでしょう。一方、エアコン取り外し業者に依頼した場合、作業が確実であるとともに、依頼者の安全が守られている点にも注目するべきです。室内機は天井近くに設置されることから、エアコン本体だけでなく作業者が落下する危険があり、見よう見まねの作業は望ましくありません。室外機はベランダ以外に設置されるケースもみられますので、プロである業者に任せると安心です。セルフ取り外しの場合は廃棄も含めてすべて自身で行う必要があり、完了までに1日では済まないケースが多くなっています。エアコンの取り外し業者は全国で営業しているため、一部を除いてほぼ確実に依頼が可能です。作業内容は室内機と室外機の完全撤去のほか、通常はパイプ穴のパテ埋め処理もセットで行われます。ポイントは処分依頼の可否にあり、一括で任せられると便利でしょう。エアコンの取り外しとともに買取り対応の業者も存在していますので、料金の比較だけではなく、サービスやプランの比較も大切です。